キャンパスニュース

2014.01.24 デザイン

インテリアデザイン専攻の近況

1月中旬。。。

我が中央工学校デザイン系学科の卒業学年は、卒業制作提出締切キンキンの状態にあります。

大学さんなどに比べられると、、「遅いのでは?」と感じる方もいるかもしれませんが、、

卒業制作の期間に着目すると、、、大学さんは、4月〜が多く、、提出は11月〜12月とすると、

制作期間は7ヶ月間。。。。。いっぽう、、、デザイン系学科では、、

授業や課題が卒業制作に切り替わるのが、10月〜で、提出は1月。制作期間は、3ヶ月となります。

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻の学生は、その3〜4ヶ月間で、

「新しいインテリアデザインの提案」という大きなテーマで制作に取り組みます。

彼は模型パーツをサクサクと切っています。どうやらカフェのような空間の提案になる模様。

模型製作の上で、椅子が何脚もあると、、もう、、、地獄のような作業。。

脚パーツ切りなど、、、、ゲシュタルト崩壊さながらな感覚に、、、、

しかし、淡々と作業をこなす彼、精神力の底がみえない………強者か!?

コップのフチに舞い降りた某天使「フ○子」さんも、、模型とコラボレーションし、彼を応援している様子。

マスクの彼女も、カフェの提案をしています。パース(絵)を描いています。

T定規と三角定規を巧みに使い、、椅子のラインや壁ラインを、ピンペンでインキング、、、、

迷いのないPenさばきに、、終止みとれつつ、、、3年間実績を積んだ事を感じる。。。

3年を通して、空間パースに関する画力レベルアップのための授業があるので、

卒業制作になると、自分で簡単なやり方を見いだし、作業を進められるようになります。

↑↑画像のように、現場調査で撮影した写真をそのままトレース(転写)し、

リフォームした所だけを変更して描き込んでいくなど、、、サクサクとこなしていきます。

↑スタイリッシュな彼は、CGを作成中。使用しているソフトは、画面から推測するに、、「shade」という3Dモデリングソフト。。

モニターに反射する彼の顔をよくよく見ると、お困り顔。。。。モニターに表示された色付き画像に問題ありなんでしょう。。

PCメガネ熱さめやらぬこのご時世、、、PCメガネをかけて作業をするか、、かけないで作業するか、、本人のみぞ知るです。

私は「してみたい派」です。関係ありませんね。

提出間近で、毎日深夜帯まで作業をする彼らの体力と精神力の回復を期待!!!!がんばれ!!