キャンパスニュース

2013.09.06 建築

構造デザイン「単純梁構造模型」破壊実験

9月6日、建築系3科合同選択科目「構造デザイン」において、毎年恒例の構造模型破壊実験を行いました。

夏休み前の授業で、各自工作用紙1枚を使って長さ30cmの単純梁構造模型を作成しました。

実験では、各自、台測りの上で梁が壊れるまで加力し、支点反力から曲げモーメントを算出し記録を競いました。

最高記録は建築設計科2年山野辺僚くんの31.92kgでした。かなりの記録です。(おそらく歴代最高だと思われます)

破壊実験はそれなりに楽しく盛り上がりましたが、そのあとの応力度計算はみんな四苦八苦しながらまとめています。レポートは来週金曜日までの宿題です。がんばってまとめてください。他の課題も大変ですが、こちも気を抜かずにしっかりやってきてください。

[建築学科3年・建築工学科2年・建築設計科2年 選択科目]