キャンパスニュース

2013.07.06 建築

月島で建築見学会

月島駅集合

建築科2年生が計画演習授業で取り組む次の課題は、中央区月島に計画する住宅設計です。そのための調査と周辺環境の見学に、佃エリアから月島西仲通り商店街周辺を訪れました。

佃天台地蔵尊の不思議な空間

佃の街を歩いていると、民家の間の細い路地に、『佃天台地蔵尊』というのぼりを見つけたので入ってみました。すると、突然不思議な異空間が現れてビックリです! 人ひとりがやっと通れるほどの通路の奥に、地蔵尊が祭られていました。

民家の先に超高層マンション

『佃天台地蔵尊』の路地を抜けると、船が係留された水辺に出ました。遠くには超高層マンションがそびえ、いかにも月島らしい風景です。こうした月島の環境を考慮して、住宅の新しいプランを計画しなければなりません。

いい感じの路地裏発見

月島西仲通り商店街から一歩中に入った路地裏では、いかにも昭和の下町的な風景を見つけました。「向こう三軒両隣り」…そんな言葉が浮かぶこの環境を、是非とも積極的に設計の中に取り入れて、今回の課題を制作してほしいと思います。

[ 建築科2学年 ]