ブログ

2013.05.21 建築

上野建物見学

建築工学科1年生は、入学後初めての校外見学で上野の建物を見学しました。『国立西洋美術館』では、コルビュジエが提唱した近代建築の5原則に触れ、また、地下の「免震レトロフィット」と呼ばれる免震装置を見学して、歴史的な建造物を地震から守るための技術に感心していました。

国立西洋美術館

『東京国立博物館 法隆寺宝物館』の見学では、まず宝物館の水盤の前に一列に並んで外観のスケッチをしました。次回の設計製図授業で行う宝物館の模型制作のために、細部までよく観察しておかなくてはいけません。

東京国立博物館 法隆寺宝物館

見学時間のほとんどをスケッチに費やし、かなり真剣な様子で皆描いていました。建築を学び始めてからまだ1ヶ月が過ぎたばかりですが、少しずつ知識と経験を増やして、自分達の目標とする様々な表現ができるようになってほしいと思います。

外観をスケッチ

[ 建築工学科1学年 ]