キャンパスニュース

2013.05.21 建築

見学会(地域密着型実践教育?)

 建築室内設計科2年生のショップデザインⅠ・Ⅱの授業で、毎年取り組んでいる地域密着型実践教育。今年は建築学科3年生との合同授業で、廃校になった北区の中学校のコンバージョン(用途変更)という課題に取り組んでいます。

先日の建築学科に引き続き、建築室内設計科も現地調査に行ってきました。

周辺調査

 まずは、今現在の利用状況についての説明をしていただき、今後はどのような施設にしていきたいのかなど、クライアントの要望を聞かせていただきました。学生たちからの質問にもお答えいただき、課題を進めていく上でのヒントもたくさん見つけられた様子でした。

ヒアリングの様子

 今回、建築室内設計科が設計デザインを担当する「カフェスペース」となる教室では、天井の高さ・柱の位置・建具の寸法など、内部を細かく採寸しました。慣れない手つきでの現場調査はとても大変そうでしたが、みんなで協力し合いながら一生懸命取り組みました。

次回は、建築学科と建築室内設計科の初めての合同授業の様子についてお伝えします。

教室内部の実測

[建築室内設計科2年]