キャンパスニュース

2012.12.07 建築

交流授業

留学生が在籍している国際コミュニケーション科で行われた「異文化コミュニケーション」の授業に日本人学生の代表として建築室内設計科の1・2年生が参加してきました。授業はディスカッション的に行われ、留学生たちが今まで学んだ、日本の文化などをテーマに意見交換をしました。

自己紹介

参加した学生の感想です。

「留学生の皆さんは、自分の意見をしっかり持っていて、日本人は自己主張をするのが苦手という事を話していて改めて分かりました」(1年 石川さん)

「日本人との考え方や感じ方が違って、話し合いが盛り上がり、とても楽しかった」(1年 木村君)

ディスカッション風景

今回の授業は留学生だけでなく、日本人学生にも貴重な経験となったようです。これを機会に学内での学生同士の交流を増やしていければと思います。

ディスカッション風景

[建築室内設計科1・2学年]