ブログ

2012.11.14 建築

STEP・RISE・17号館の照明を見学

11月13日(火)照明計画授業で、校内のSTEP・RISE・17号館の照明見学をしました。毎日通っている場所ですが、改めて見ると照明一つにも様々な工夫が施されていることに気付きました。

STEP大階段

STEPの設計は、日本の女性建築家の草分け『林 雅子』氏です。そして、STEP・RISE・17号館の照明デザインを手掛けたのは、『近田玲子』氏です。STEPの光壁がどのような工夫で美しく見えるように計画させているのかを、講師の菅原先生が教えてくれました。

STEPの光壁

RISEの特徴は斜めに掛けられた大屋根ですが、夜になるとこの天井面が美しく照らされます。ここにも様々な工夫がありました。RISEには図書館が入っていますが、美しさと手元の照度の関係には、実は難しいものがあるということも分かり、学生達にとっては有意義な見学になったようです。

RISE階段廻り

[建築室内設計科1学年]