ブログ

2012.09.09 土木・測量

軽井沢造園実習 H.24(4日目)

作業エリアは班毎にローテーションしていきます。

なるべく多くのエリアで作業をし、施工体験をしていきましょう^^

遮蔽垣は順調に作業を進めております。

竹穂を入れて、天端を切り揃えたら、押縁と傘を取り付けて完成です。

宿泊棟「唐松」前も徐々に全景が見えてきました。

軽井沢は湿度が高く、苔がよく育ちます。苔を貼った築山は柔らかい山並みを演出します。

また遮蔽垣として、黒竹の穂で造った「松明(たいまつ)」を立子にした垣根の製作も行われました。

こちらの二人は、枝折戸(しおりど)の製作を始めました。枝折戸とは、茶庭などに設ける横開き式の戸です。

腕に自信のある学生が取り組みます。

実習4日目で疲れも出てきました^^;

休憩時間は芝生に寝そべり体力回復です!

明日で実習期間の半分が終わります。怪我のないように残りの5日を乗り切りましよう^^/

夜間講義では、鈴木先生から「造園」とはどのような世界なのかと、施工現場の映像を解説して頂きました。

鈴木先生のデザインを見た学生からは、

「どうしてこんな発想が出てくるんだ!?」

など、感動の声が聞こえました。