キャンパスニュース

2012.09.08 土木測量

軽井沢造園実習 H.24(3日目)

昨日に引き続き3つのエリアで作業を行なって行きます。

予報では雨でしたが、汗ばむような陽気になり作業もはかどりました!

「唐松」前の施工現場はコンクリートを練り、園路の「洗い出し」作業に取り掛かりました。セメント、水、砂、砂利の配合比を均一にし、馴らし作業を進めていきます。

ちなみに、左上の写真の右奥に写っている箱庭は、昨年の作品です。

こちらは遮蔽垣。

親柱に胴縁が取り付けられ、竹穂縦使いの穂垣が徐々に姿を現してきました。

王子校舎では、なかなか造ることの出来ない垣根の一つです。

1年生が竹割に挑戦しました。鉈で切れ目を入れ、手と体を使って竹を半分に割っていきます。が、慣れないと左右の太さがバラバラになってしまいます。

繰り返し練習あるのみです。

女子班は、作業が難航しているようですが、垣根の形が徐々に見えてきました。

明日以降の進捗に期待したいですね!

19時からは夜間講義があり、本日は植物の権威である船越亮二先生に、植物の生態や研修所内に生息する草花の特徴をお話頂きました。