キャンパスニュース

2012.07.04 デザイン

矩計図[1学年合同]

デザイン系学科1学年合同授業[基礎製図]

入学して、3ヶ月、初めて製図をやり始めた人には驚異的な体験だったと思う。

T定規、、、製図版、、、平行定規なるものもあって、僕らが使っているのはT定規と製図版。。。

高校の頃、建築系の学校を卒業しているクラスメイトたちは、

「平行定規のほうが使いやすいのに、、、苦」

最近は、いろいろなことを知り、新しい環境にいるのかと再確認できる頃。

「図面を描くとは、こういうことなのか。。。」「やばい、すごい手間がかかる。。。汗」

CAD入力ですら、、、「やり方がわからない。。」「図面が進まない。。。」

そんなことなんてしょっちゅう、よくあることだ。

4月から比べれば、できることが増えている。確実に増えている。

どうしたらできるようになるか、すぐに答えは見つかるはずはないのだが、

唯一言えるのは、

「時間をかけなければいけないということ」

「集中しなければいけないということ」

携帯の操作や、ゲームとは違い、すぐにできるようになるわけがないのだから。

だれでもできるようなことではなく、勉強し、時間をかけた人たちが、仕事をしているのだ。

そのための時間を作り、その時間集中する。集中するために何かが犠牲になることもあるが、

広い視野で見たときには、ちっぽけな犠牲なのかもしれない。

1年前期も、後半戦に突入です。目の前の1つ1つのことをクリアし前期を乗り切ってほしいです。

期待大です!