キャンパスニュース

2012.04.17 建築

特別講演会

4月16日、まだ授業は始まったばかりですが、建築系の進級学年の学生を対象とした特別講演会が行われました。

講演者は、吉野弘先生です。吉野先生は中央工学校の夜間部建築科の卒業生で、現在、磯崎新アトリエにて設計を行われています。昨年にご自身の設計事務所も開設され、お忙しい中、後輩のために熱弁を奮っていただきました。

テーマは、「建築について」

“建築とは?”“建築を取り巻く状況の変化”についてのお考えや1年間旅をしたヨーロッパから学んだことなど、とても興味深い内容を分かりやすくレクチャーしていただきました。

公共施設設計を目前に控えた学生たちは、真剣に先生のお話耳を傾け、一生懸命メモを取っていました。このレクチャーの締めに“何を創っていくのか?”と大きなお題を投げかけられ、これからの設計の考え方に新しい刺激を受けました。

また、質疑応答も活発に行われ、1時間半の時間はあっという間に過ぎてしまいました。

年度初めの講演会は、これからの設計活動に大変刺激になりました。

吉野先生です
都市とは何だろう?
メモをとる学生たち

[建築学科・建築工学科・建築設計科・建築室内設計科]